生理痛・生理不順・妊娠・性病・生理周期・生理がこない等の悩み解決☆
生理痛・生理不順

生理痛の原因


生理の直前から、女性の体ではホルモンの分泌が活発になります。
そのために不調や、生理痛が現れます。

●生理前の不調
原因:黄体ホルモン

黄体ホルモンは排卵後急激に増え、生理がくると一気に減少します。
この変化が大きいことで、自律神経が不安定になり不調を引き起こします。
頭痛、胃痛、イライラ、肩こり、だるさ、集中力の低下など

●生理前半の不調
原因:プロスタグランジン

生理直前から前半まで、プロスタグランジンというホルモンが急に増えます。
これは子宮の収縮を促し、経血を外に排出させるためです。
量が多すぎると収縮が強くなり、痛みとして現れます。
下腹部の鈍痛、キリキリした痛み、めまい、吐き気、下痢など

●生理後半の不調
原因:うっ血

骨盤のあたりから血液の流れが悪くなり、痛みにつながります。
軽いものなら、血行をよくする、身体を温めることで改善できます。
下腹部の鈍痛、腰のだるさ、頭痛、冷え、むくみ



Copyright(C) 2009
生理痛・生理不順 悩み緩和

生理周期・生理痛・生理不順・妊娠・性病・生理がこない等、女性の悩み解消!
[PR] 高校生歓迎アルバイト求人